KiLEY ビンテージライト V2 フロント

この数十年で自転車の車種は増え、機能も大幅に向上しました。一方で、
当時の自転車のデザインが現在ではもう通用しないかというと、決してそんなことはありません。
同様に、当時の自転車用ライトは、現在の我々が見てもカッコいい、そう思えるはずです。
しかし、実用性はというと、安全性の観点からも「ちょっと。。。」と敬遠する方が多いのが実情です。
もしくは、「あくまでも飾りだから」と。
KiLEYのデザイナーLouisは思いました。
「この当時のデザインが失われてしまうのは惜しい。 それならば、自分たちで作ってしまおう。」
そうして、この「古いけど新しい」ビンテージライトが完成しました。

ビンテージライトをオススメしたい方

デザインだけでなく、ある程度実用性も欲しい、、、
とにかくカッコいい個性的なライトを探している、、、
かといって、今からビンテージ商品を買うのもなぁ、、、
USB充電式でレトロな雰囲気のライトを探している、、、
アイライトだと小さすぎる、もっとライトの存在感が欲しい、、、
※MOULTON(モールトン)ユーザーの方へ
モールトンのフロントフォークサスの構造とビンテージライトの相性は悪いため、
フロントフォークへの取付はオススメできません。
フロントフォーク以外の箇所へ取り付けください。

商品特徴

唯一無二。KiLEYならではのデザイン
最大300ルーメン、連続10時間以上使用可能、実用十分な機能性
ビンテージデザインのライトには珍しいUSB充電式

〕0賁菊鵝職人が作るKiLEYならではのデザイン
KiLEYのライトといえば、上品な光沢のアルミ削り出しのシルバーボディをイメージされる方も
多いのではないでしょうか? このヴィンテージライトもまさにその1つです。
どこかノスタルジックを覚えるようなデザインながら、新旧調和するデザインに仕上げています。

∈蚤300ルーメン、連続10時間以上使用可能、実用十分な機能性
デザインで選んだから機能性はしょうがない。。。
もしかすると、そう思ってライトを選ばれている方も多いのではないでしょうか。
確かに、このヴィンテージライトも、最新の機能搭載のライトに比べれば、
光量、稼働時間、防水性は及びません。
しかし、だからといって、これまでのデザイン重視のライトに明るさ、持続時間ともに、
もっとあればなあと思っていた方も多いはずです。
その点、このライトはバランスも考慮しました。 連続点灯時間は、フロント約11時間、リアは約86時間、
フロントは最大300ルーメンとなり、十分な実用性も確保しました。

ビンテージデザインのライトには珍しいUSB充電式
もちろん、数十年前のビンテージライトは、乾電池式がほとんどです。
しかし、現在皆さんがお使いのライトはどうでしょうか?
おそらく、USB充電式のライトの割合が多いでしょう。
このビンテージライトも、もはや皆様におなじみ、使い勝手の良いUSB充電式を採用しています。

他にもある特徴
大きすぎず、小さすぎない程よいサイズ感
高級感漂うKiLEYのロゴ入り(真鍮製)
ライト本体の取り外しが容易なバタフライナットが付属
販売価格 12,100円(税1,100円)
シルバー
カラー

カラー
シルバー